新潟中央病院

文字の大きさ

診療科。部門

病院の特徴

病院理念・基本方針

新潟中央病院は患者さんの権利を尊重します。 新潟中央病院の職員一同は、患者さんひとりひとりに最適の医療サービスを提供できるように、全力で治療に取り組みます。

病院理念

思いやりの心を持って、患者さん中心の医療を実践します。

基本方針

1. 患者さんの権利を尊重し、安全で信頼される病院を目指します。
2. 専門性を生かし、質の高い急性期医療を提供する病院を目指します。
3. 医療・福祉施設との連携、医療人の育成を通じて地域に貢献する病院を目指します。

患者さんの権利

1. 平等で、安全に配慮された、最善の医療を受けることができます。
2. プライバシーが守られ、個人の尊厳を保つことができます。
3. 医療の内容について説明を受けることができます。
4. 自ら希望する医療を選択することができます。
5. 治療の選択には、他の医療機関の意見を聞くことができます。
6. 診療に関する記録の開示を求めることができます。

新潟中央病院倫理綱領

私たち病院に働くものは、地域の人々の健康を守るために、限りない愛情と責任を持って最善の努力を尽くさなければならない。 この使命を達成するために私たちが守るべき行動の規範を次のとおり定める。

医療の質の向上

私たちは医療の質の向上に努め、人格教養を高めることによって、全人的医療を目指す。

医療記録の適正管理

私たちは医療記録を適正に管理する。

権利擁護とプライバシーの保護

私たちは病める人々の権利の擁護と、プライバシーの保護に努める。

安全管理の徹底

私たちは病院医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力を払う。

地域社会と連携の推進

私たちは地域の人々によりよい医療を提供するために、地域の人々とはもちろんのこと地域の医療機関との密接な連携に努める。

その他

女性活躍推進法に伴う、「一般事業主行動計画の公表」及び「女性の活躍に関する情報公表」について

詳細についてはこちら(PDF)をご覧ください。

平成29年度DPCデータによる病院指標の公表

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
【使用データ条件】
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の退院患者
医科保険のみで入院した患者のみが集計対象
一般病棟に1回以上入院した患者が集計対象
入院した後24時間以内に死亡した患者または生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
臓器移植は集計対象外

 

当院はDPC対象病院である事から、毎月の退院患者様の医療内容データを厚生労働省に送付しております。平成29年度のデータを集計し公表いたします。

1) 年齢階級別退院患者数

年代 10 20 30 40 50 60 70 80 90~
患者数 45 137 112 131 227 328 534 619 488 130

※平成29年度において、当院を退院されたDPC対象患者様を10歳刻みで集計しています。(年齢は入院した時点での年齢です)

 

2)診断群分類別患者数等(上位5位まで)

内科
診療行為名称 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - - - -
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)手術なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 85歳未満 - - - - -
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - - - -
低カリウム血症 - - - - -
肺炎等(市中肺炎かつ65歳以上75歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア1 - - - - -
肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア2 - - - - -
整形外科
診療行為名称 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術等 169 10.6 10.5 47.45
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 150 18.9 21.7 0.13 66.85
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 113 28.3 27.1 1.16 81.79
膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 80 18.6 25.1 0.04 75.38
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 87 16.8 17.3 70.33
形成外科
診療行為名称 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 15 4.3 5.8 0.00 39.53
爪の疾患 手術あり 14 8.3 4.9 0.00 63.43
エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり 12 4.0 6.9 0.00 27.08
皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 10 2.8 4.1 0.00 39.50
眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - - - -

平成29年度中に退院した患者様の、医療資源を最も投入した傷病名分類(DPCコード)集計です。
内科の主な疾患は、消化器系疾患、肺炎、誤嚥性肺炎、糖尿病などとなります。
形成外科の主な疾患は、軟部腫瘍・陥入爪・腋臭症・鼻骨骨折などとなります。
整形外科の主な疾患は、脊椎脊髄疾患の症例が最も多く、次いで大腿骨近位部骨折、膝・肩関節などとなります。

 

3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

該当する患者数が少数であるため、省略します。

 

4)成人市中肺炎の重症度別患者数など

該当する患者数が少数であるため、省略します。

 

5)脳梗塞のICD10別患者数等

該当する患者数が少数であるため、省略します。

 

6)診療科別主要手術別患者数等(上位5位まで)

整形外科
手術名 患者数 術前日数 術後日数 平均年齢 転院率
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術、後方椎体固定(多椎間、多椎弓を含む) 229 5.4 21.0 66.96
内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 175 2.9 8.2 48.26
骨折観血的手術(大腿) 156 2.3 70.1 83.93
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間、多椎弓を含む) 121 3.3 20.4 68.79
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間、多椎弓を含む) 101 3.8 28.3 62.94
人工関節置換術(膝) 100 1.1 19.0 75.46
形成外科
手術名 患者数 術前日数 術後日数 平均年齢 転院率
陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑なもの) 14 0.0 8.6 61.71
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 11 0.7 3.2 43.18
腋臭症手術(皮弁法) 11 0.1 3.9 26.00
眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - -
分層植皮術(25・未満) - - - -

※病院ホームページの各診療科紹介ページに、詳細な手術件数を掲載しております。

 

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

該当する患者数が少数であるため、省略します。

 

公表数値について・・・

平成29年度に退院された患者様のDPCデータから集計しております。
集計した患者数が10名未満の場合は、『-』での表示、または省略させていただきました。