新潟中央病院

文字の大きさ

診療科。部門

手の外科

科の特徴

手の外科における機能と整容の両立をめざします。

先天異常手の治療を含む、形成外科を中心とした手の外科の臨床にも全力をつくします。

医師紹介

bumondr28

手の外科

柴田 実(しばた みのる)

日本形成外科学会理事 日本手の外科学会理事 日本マイクロサージャリ学会元理事長

略歴
新潟大学医学部卒業/昭和51年医師免許取得  
1976.5-11  新潟大学医学部整形外科医員
1976.12-1977.8  山形大学医学部麻酔科助手
1977.9-1983.6  新潟大学整形外科関連病院勤務
1984.7-1987.3  アメリカ・ケンタッキー州・ルイビル大学 Harold E Kleinert先生の手の外科・マイクロサージャリーに留学し、リサーチ、クリニカルフェロー
1987.8-1995.12  新潟大学医学部附属病院整形外科助手
1996.1-1996.7  新潟大学医学部附属病院整形外科講師
1996.7-2011.3  新潟大学医学部附属病院形成外科教授
2011.4.1–2015.3  新潟大学医学部形成外科 教授
2015.4.1–  新潟大学名誉教授
専門分野
形成外科一般/整形外科一般/手の外科
認定資格
日本整形外科学会/専門医日本形成外科学会/専門医日本手外科学会/専門医日本皮膚腫瘍外科/専門医日本創傷外科/専門医
コメント
卒業後直ちに、新潟大学整形外科に入局し、故 田島達也名誉教授より手の機能再建を学び、整形外科専門医となる。アメリカ・ケンタッキー州、ルイビルで屈筋腱の一次修復の画期的な成績で有名なHarold E. Kleinert先生のもとで手の外科、マイクロサージャリーを学び、Graham Lister先生からは形成外科・手の外科指導を受け、整容を重視する手の外科に目覚める。帰国後、マイクロサージャリーを用いた再建外科を手がけ、形成外科専門医となる。綺麗な傷跡に仕上げる事にこだわり、手の外科、なかでも先天異常手の治療における“機能と整容の両立”を重視し、顔面神経麻痺の神経再建、眼瞼下垂手術も機能と整容の両立を目指している。
趣味
自転車、釣り
畠野先生

手の外科

畠野 義郎(はたの よしろう)

略歴
聖マリアンナ医科大学医学部卒業
昭和60年 医師免許取得
平成28年3月より当院勤務
専門分野
整形外科一般/手の外科
認定資格
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
趣  味
サッカー、ウォーキング、読書
コメント
患者様にわかり易い説明、安全な医療を心がけています。

手の外科 手術件数

2016年
件数
ORIF 185
腱鞘切開術 104
神経血管修復術 71
筋腱修復術 58
腫瘍摘出術 47
滑膜切除術 46
関節形成術 43
手根管開放術 17
先天異常手術 12
植皮術 9
再接着術 6
動脈皮弁術 6
ダラー手術 2
デュプイトラン手術 1
その他(抜釘等) 152
合計 759