新潟中央病院

文字の大きさ

骨粗鬆症科

科の特徴

 骨粗鬆症は特に症状はありませんが進行すると骨折をおこし、さらに骨折は連鎖して日常生活に支障をきたし、最終的には生命の予後にも大きく影響を及ぼします。しかし今日ではいろいろな薬剤が開発され、状態に応じた治療により骨折は大きく減らすことができるようになりました。

 当院では骨密度や骨代謝マーカー等を測定し、骨折の危険度を計算したりして患者様に合った治療方法を選択して、近隣の開業医の先生方と連携して治療にあたっています。

医師紹介

bumondr17

リハビリテーション センター長

井上 旬二(いのうえ じゅんじ)

略歴
新潟大学医学部卒業/昭和50年医師免許取得
平成21年4月より当院に勤務
専門分野
整形外科一般、骨代謝
認定資格
日本整形外科学会認定医
コメント
リハビリ、骨粗鬆症治療を中心に患者様の生活の質の向上に貢献したいと 思います。