新潟中央病院

文字の大きさ

診療科。部門

ごあいさつ・病院概要

理事長あいさつ

   この新年度で私ども仁愛会は、医療法人から社会医療法人に移行して満1年が過ぎ、多くの職員の意識も変わってきた気配を感ずるこの頃ですが、社会医療法人移行後の税制処置を含めた新会計決算はこの新年度決算から始まることになります。

これまで公益性の高い医療はおもに自治体の病院が担ってきましたが、医師偏在による不足、公的施設としての長年の高コスト体質などの限界により、自治体病院に依存しながら公益性の高い医療を維持していくことが困難になった為、官民の役割分担を前提としてきた医療のあり方を見直す必要が出て、8年ほど前に社会医療法人制度が創設されました。具体的には休日診療、夜間診療等の救急医療、周産期医療を含む小児救急医療、へき地医療・離島医療などの採算面で厳しい公益性の高い医療を一部担うことを前提とし、制定され改正が重ねられてきました。

社会医療法人はこの公益性の高い医療の一部を担いながら、質の高い医療を提供することにより、法人税や公益医療関連の固定資産税非課税措置を受けられます。一方、民営医療法人としてこれまで以上に独自で事業の効率化を図ることにより、独力で法人の安定・自立運営することを求められます。

社会医療法人仁愛会“新潟中央病院”はこれまで担ってきた救急医療の一層の充実を軸に、新潟県内最初の在宅強化型介護老人保健施設“千歳園”とともに、患者の早期社会復帰につながる医療連携を深め、ますます地域医療に貢献して参ります。地域の皆様に信頼され、頼りにされる質の高い医療を提供し、法人経営についても、最大限の知恵を絞り合い、職員にとって働きがいのある職場確保のために効率的な法人運営を行います。

現在の中央病院は建築後32年目を迎え、市内でも古い施設となっていますので近いうちに建て替えを含めて、施設更新の検討を開始しなくてはならない時期にさしかかっています。

医療費全体の抑制が真剣に検討されなければならない時代になってきており、これまでのような右肩上がりの成長を前提とした将来計画ではなく、すぐそこに待ち構えている高齢化社会の到来による医療の変化に対応し、地域の中で核となる大学病院、市民病院などの総合病院、並びに地域の第一線で活躍する開業医の先生方と緊密に連携し、そしてこの連携地域に働くすべての皆さんと一体となって高質医療を提供してゆく考えに基づく計画が必要になります。

この考えに基づいた新しい病院将来計画が速やかに実施できれば、法人全体に十分な従業員が確保され、新潟中央病院に研修・就職を希望する医師も増えて、より優れた地域医療が提供できるものと確信しております。

社会医療法人仁愛会は、覚悟を新たに地域連携医療を担う核となる医療施設の一つとして邁進して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成29年4月1日  社会医療法人仁愛会 理事長

柴田 実

院長あいさつ

平素よりご理解、ご協力頂きまして誠に有難うございます。病院長に就任し、丸7年が経過しました。常日頃から、少しでも地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

一昨年4月から、当法人理事長が柴田実新潟大学形成外科名誉教授(専門:四肢先天奇形を中心とした手の外科)に交代致しました。そのお蔭で、整形外科や形成外科を中心に、全科において、外来、入院患者数が増加し、より活気づいております。整形外科は、脊椎、上肢関節(肩、肘)、手、下肢関節(股、膝)、足、一般整形、骨粗鬆症と幅広く、市中病院における全分野をカバーし、しかも細かく機能分化しております。これらの特徴を生かして、きめ細かい迅速な対応を常に心がけております。またこれらの運動器疾患で複数の分野にまたがる患者様も多く、各分野が協力してより高いQOLの獲得を目指しておりますので、何でも遠慮なくご相談下さい。

また昨年4月から、出資持分のある医療法人から出資持分のない社会医療法人として再スタートし、より公共性と透明性の高い病院経営を目指しております。

さて、当院ではオーダリング・電子カルテが導入されて丸3年が経過しました。導入の準備、あるいは導入後においても慣れるまでが大変でしたが、情報の共有化、一元管理など非常に大きなメリットがあり、データの集積にともない、今後ますますその有用性が増すものと期待しております。

さらに、新潟市医師会地域医療連携推進事業に参加させて頂き3年目を迎えました。当院は地域住民のみならず、地域の医療機関にとっても使い勝手の良い病院を目指して、全職員が一致団結して努力しております。今後も登録医の数を増やし、より一層地域連携を強化し、円滑な地域医療を目指していく所存です。

お気づきの点があればご遠慮なく貴重なご意見を頂ければ幸いです。今後ともご指導何卒宜しくお願い申し上げます。

平成29年4月1日  新潟中央病院 院長

山崎 昭義

病院概要

所在地 新潟県新潟市中央区新光町1番地18
電話番号 025-285-8811(代表)
FAX 025-285-4419
理事長 柴田 実
院長 山崎 昭義
診療案内 内科、整形外科(脊椎・脊髄外科、関節外科、手の外科、足の外科、一般整形外科、骨粗鬆症科)、 形成外科、脳神経外科、 リハビリテーション科、歯科、歯科口腔外科、健診・ドック
病床数 262床
休診日 土曜・日曜・祝祭日・年末年始(12/31~1/3)